それが今回のテーマである布団になるのです。まず日本の文化の象徴である布団とは日本で広く用いられる寝具です。そのおおまかな使い方として床や寝台に敷くタイプのものを敷いて横たわりその上に何枚も重ねて保温をする掛けタイプのものを載せて睡眠をとるときに使います。日本では敷くタイプのものを床に敷いて使うのが一般でしたが現在では西洋の文化である寝台に直接敷くことも増えてきました。そして年中使うので夏には薄い掛けタイプをつかい冬には厚手の肌布団を使います。そして主にカバーをかけて包んでつかう事が多いのですがそれは定期的に洗濯をし清潔に保つことを目的としています。しかしそれ以上に大事なことは人の体は常に代謝をし汗をかいているのでその汗が使えば使うほどしみこんでいきダニやカビの温床になり、人の体に置いて害を及ぼすものとなるので1週間に3回は晴天の時に天日で干す必要があります。

その中でも気をつけていないといけないのはたたきでほこりを取る方法が慣例ですがこの方法だとほこりは取れますがダニを奥に押し込んでしまうのと羽毛と生地を傷つけてしまう可能性があるので気をつける必要があります。では清潔にするには手で軽くほこりをはたき掃除機をかけるのが最善の方法なのです。日本の布団には大きさとして一人用と二人用に分かれ座るタイプもそれに該当します。そして生地には主に新旧合わせて9種類使われているのですがその中で今の時期に最も適しておりそして伝統となっているのがもう一つのテーマである羽毛になるのです。この羽毛とは大まかに鳥の代謝によって取れた羽であり、長い期間気圧が低く暖かい空気が少なく気温の低い大空を飛ぶため防水と防温に優れています。その特徴を利用して羽根の毛の構造である一つ一つ取り外してほぐして作るダウンホールは空気を多く含む構造なので柔らかい感触となりそれを詰めて作るのです。そのなかでも羽毛布団には水辺にすむ水鳥の特に胸元の羽毛が50%使われていているのもの該当してその先に言った空気を多く含むことで柔らかい感触となりかつ他の種類の鳥よりも保温と防水に優れた材質のため多く使われるのです。

そして品種と羽毛に含まれている量にによっては高級品となり春の新生活の贈り物としても喜ばれるのです。現在日本の布団は世界基準の言葉でも通じるほど有名となり、そのため羽毛布団は日本の冬だけでなく世界の冬を乗り切るための必須品としてあり続けているのです。